退職

自分から「退職したい」と言う前に考えてほしいこと

更新日:

「気がついたら辞めると言っていた」は絶対に避けるべき

自己都合退職を引き出す悪魔のささやき

ある企業が辞めてほしい社員がいるとします。一番いいのは労働者が自分から退職すること、しかし自分から辞めたいとは絶対に言い出すことはなさそう。ではどうするか。自分から「やめる」と言わせたら良い、という発想になる経営者がいるということです。

これは例えば、ですが使用者から労働者に対して

  • お前は社員全員に好かれていない
  • ここでの仕事は向いていないとみんなから思われている
  • 今なら次の仕事も見つかるような年齢だと思う
  • これ以上の成長は見込めないような気がする

こんな事を繰り返し繰り返し言われたとしたら?そしてそれらの言葉の後にこんな言葉を付け足されたとしたら?

「で、どうする?」

これを冷静にじわじわ続けられると大多数の人は落ちるでしょう。これはあくまでも「静」の方法ですが、これを「動」でやることもあるでしょう。上記のようなことをわーわーとわめきたて、追い込もうというやり方です。

「そこまで言われるなら辞めますわ」と言わせるようなやり方です。まさかそんな経営者おらんやろと思う方、残念。絶対にいますから。というかこの手法を使っている仕事がありますがこれ以上は言わないでおきます。

どちらにしても冷静に対応するのが大事

退職勧告に対して「では辞めます」というのと、「そこまで言われるならこっちから退職させてもらいます!」では退職ということに対して大きな違いがあります。自己都合による退職では失業手当が出るまでに7日間の待機と3ヶ月間の給付制限がついたりしますし、退職金が出なくなったり(就業規則などによります)とお金の面で大きな違いも出てきます。

事実は事実として受け止める必要があるかもしれませんが、軽々しく「じゃあ辞めます」なんて言ってしまうことのないように気をつけましょう。さっきの例え話だってきちんと言い返すことだってできます。

  • お前は社員全員に好かれていない
    →仕事に対し真摯に向き合った結果そう思われたのかも、今後はもう少しコミュニケーションを取ってやっていきたいと思う
  • ここでの仕事は向いていないとみんなから思われている
    →仕事のやり方、関わり方はいくらでも変えていけるはず、どこをどのように変えていけばいいか教えて欲しい
  • 今なら次の仕事も見つかるような年齢だと思う
    →私はここでこれからもいろいろな経験を積んでいきたいと考えている
  • これ以上の成長は見込めないような気がする
    →たしかに行き詰まっているところはあるかもしれない、逆に打開策を会社から教えていただけないか

ダメだ、じゃあ辞めると考えず「突きつけられたことに対してどう考えを切り替えていくか」も大事だと思いますよ。もちろん、ブラックな会社に仕方なく居続ける必要もないとは思いますが。

どこかで誰かの参考になれば嬉しいです。

-退職

Copyright© 仕事Hack , 2018 All Rights Reserved.